Wataru & Aki 2021.06.12

Case
Various Conceptual Weddings

Un title

~目に見えない大切なもの~

好きなものは?好きな食べ物は?
それぞれ違うものが好きだった二人。

結婚式の好み・イメージも違ったため
【Un title】という題名のない結婚式のテーマのもと
縛りなく、お二人が思い描くものを形にしていきました。

親御様が言っていたお二人に大切にしてほしいものは【縁・愛・感謝】。
どれも、一人では感じることのできないことです。

出会えたことは偶然なんかじゃない。
運命の巡り合わせで出会い、生まれた〝縁〟。
いつまでも、伝えてほしい〝感謝〟の気持ち。
これからも〝愛〟を育みながら、二人手を取り合って進む未来。

三つの大切なものを感じ、あたたかな結婚式にしたい。

そんな想いを込めて、
お二人の結婚式に対する思いをカタチにする結婚式をプランニングしていきました。

Staff’s
feelings

for this wedding ceremony

特別なことではなく、お二人のありのままをカタチにする等身大の結婚式。

From Planner深川谷 萌恵

親御様から、お二人に大切にしてほしいと言われていた
【愛・感謝・ご縁】を感じられるような心温まる一日を、お二人・ゲストに感じて欲しい。

特別なことをしなくても、こんなにも素敵な心温まる結婚式ができる、
ということを未来の新郎新婦様にも知って欲しい。

そんな願いを込めた結婚式のテーマは、
【Un title〜目に見えない大切なもの〜】

好みが全く違うお二人は、式当日のやりたいことやイメージも違ったため、
縛りなくお二人が想い描くものをしっかり形にしていきました。


式当日には、待合時間でオープニングムービーを上映。
ご来館されたゲストの方々へ、
今日のテーマに込めた想いや、お二人がどんな気持ちで今日を迎えたかを伝え、
その想いをゲスト皆様と共有し、新郎新婦様と同じ想いで一つになっていただく時間を提供しました。

ムービーを見たゲストの皆様はとても嬉しそうにされており、
待合からたくさんの笑顔が溢れていました。


挙式中の親御様からの誓いの問いかけには
今までの『ありがとう』『ごめんね』など、様々な想いが込められており、
心温まる瞬間に、お二人だけでなくゲスト皆様も涙されており、
今でも思い出すだけで、胸がグッと熱くなります。


披露宴も、新郎新婦様の希望がたくさん詰まっており、ゲストの方々も終始楽しそうでしたね。
集まるすべての人が、涙を流し、笑い合う、本当に温かい一日をお手伝いできて幸せです。


お二人はプランナーである私にも信頼を置いてくださり、たくさんの提案を受け入れていただきました。
打合せから結婚式中にも、『もえちゃん』『ふっかちゃん』と何度も呼んでいただき、
お二人の思いやりの気持ちに感謝の気持ちでいっぱいです。

式当日には、会場スタッフと私にサプライズをしていただき、私にとっての大切な宝物がまた一つ増えました。
お二人のことが、本当に大好きです!

結婚式を挙げることの大切さを、改めて学ばせていただいたお二人と出会えたことで、私の人生も色付きました。
本当にありがとうございます。

末永くお幸せに^^⚘

Back To Top