Staff Blogスタッフブログ

2013年02月

ショーウェディングの真面目な話

掲載日 2013年02月12日

アロハー

 

『結婚式』

お二人のなかでどうお考えですか?

一緒になるお二人が 生まれた場所も 時間も 好きなものも 嫌いなものも そして・・・生きてきた環境も違うように 結婚式も皆んな同じではありません。

 

決められたプログラムの中で、時間ばかり管理される結婚式。

この結婚式でお二人の本当に伝えたかったコト。

それは本当に伝わるのか・・・?

 

毎回同じプログラムで行われる『結婚式』に疑問を感じ 『お二人だけのウェディングを創る!』 『広島のウェディングを変えたい!』そんな思いで並木通りでブライダルプロデュース会社を始めたのが今から18年前。

ブライダルプロデュースのマリーエイドを立ち上げ 当初から決められた進行表ではなく、真っ白な進行表をを使い、お客様のお話を伺いひとつひとつ進行を作り上げていました。

 

間もなくし自分たちの思い通りにウェディングできる『ハコ=会場』がほしいと感じ
1999年にルメルシェ元宇品をオープン

当初 結婚式ではほとんどなかった 『着席ビッフェスタイル』を確立
海外で行われるガーデンパーティーのように、お庭でシェフが目の前で作るあつあつの料理を食べながら新郎新婦が笑って皆さんの一番近くにいる・・・。

そんなウェディングをカタチにしてきました。

 

そしてその約10年後 2008年に ここザサウスハーバーリゾートをオープン!

まるで避暑地にいるようなリゾート感溢れる『ハコ=会場』を作りたい
雰囲気だけリゾートではなく、ここで働く人 全てがリゾートを醸し出すこと!

スタッフ全員が心からの笑顔でお二人やゲストを祝し、サービス中でも楽しい余興が始まれば手拍子もするし、感動的なシーンがあれば共に涙する・・・。

そんなここに集まる全ての人が 心が通う結婚式をしたい!

それが・・・それこそがリゾートだ!と定義付け 日々違う進化された結婚式を提案してきました。

 

そして2012年サウスハーバーリゾート=ショーウェディングを考案し、今少しづつですがお客さまにも共感していただき、ゲストと共に楽しむ結婚式がカタチとなってきています。

 

ショーウェディングは、パーティーの始まり方が他とはちょっと違います(^o^)丿
ゲストをリゾートの世界へ誘う そんな仕掛けがあります。

もちろん 『スタッフ=ひと』 が仕掛ける仕掛けです。

 

お二人が入場前 ゲストが盛り上がってるシーンを扉外で聞かれて緊張が解け、プランナーと一緒にワクワクされてる新郎新婦を見ると本当に心がぞくぞくします。

こんなウェディングをずっと目指してました。

 

『今日の結婚式 二人らしくって本当によかった!』

『結婚式ってこんなに楽しかったんだね!』

 

そんな言葉が新郎新婦にかけられることが私たちの最高のご褒美!

 

 

 

真面目になりましたが、そんな真面目にウェディングのこと考えいます(笑)

 

kosa_591.JPG

 

 スタッフが提案するショーウェディング・・・。

是非聞いてやってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プランナーの結婚式 (披露パーティー編 2)

掲載日 2013年02月01日

アロハー

 

連日にわたりご紹介させていただいております。マリーエイドプランナーの阿部(旧姓 西井)の結婚式。
披露パーティー後半のリポートさせていただきますね。

 

プランナーのウェディング報告は、たくさんの結婚式を作ってきたプランナーがその目線で作る結婚式だから・・・と参考にしていただくカップルも多く

『こんな結婚式にしたいんです。』 とか
『私たちもしっかりとテーマを決めて想いの伝わる結婚式にします!』 などなど

嬉しいお声も多く私たちの目指す、ゲストと共に楽しく過ごす 『ショーウェディング』をお話するきっかけづくりにもなっています。

 

そんな阿部の結婚式後半編

 

ゲストからの余興はなく、新郎新婦プレゼンツ ゲスト参加型余興!(ショーウェディングバージョン)を行いました。

IMG_4371.jpg
 

 

皆に参加頂くゲームなので会場は大盛り上がり!

nishiiIMG_4383.jpg

 

楽しい時間でした♪

 

 

御招待頂いたスタッフと共にパチリ!
こういう写真を一緒に撮れる時間も余裕もありゲストとしても大満足でした☆

 

IMG_4422.jpg

 

 

 

最後は新郎新婦からご両親
そして皆さんへの感謝の気持ちを伝えます

 

IMG_4517.jpg

御両親への感謝の気持ちは、阿部は二人で陶芸教室に通い、湯呑を作りそれぞれのご両親へプレゼントされました。

 

『手つなぎ湯呑』 
彼女が考えた湯呑です
阿部のご主人の阿部さんの(ややこしいですね・・・(笑))お母様は数年前にお父様をなくされ現在千葉に娘さんと住んでいらっしゃいます。

この結婚を機に広島に住み、なかなかお母様にも会う機会が少なくなるのでは・・・そんなことを考え手作りされた湯呑は、ちょうど湯呑を持つ部分に、自分が湯呑を持つ時の手形を入れられました。

遠く離れて暮すお母様が、その湯呑を持ちゆっくりお茶をすするとき、ちょうど息子の手と合わさり、まるで手をつないでるような・・・そんな感覚になってもらえたら・・・。

そう思い二人で作成したようです。

御両親にとってもきっと忘れられない素敵な最高のギフトですね。





KM_1372.JPG


お二人が退場後

最後は

当日のウェディングを編集したハイライトムービーで締めくくりました。

 

KM_1444.JPG

 

二人の思いが最後の最後まで感じられ私たちゲストにも届きました。

テーマが伝わる本当に本当に素敵な結婚式でした。

 

 

 

最後に・・・

結婚式が終わって数日後 阿部本人から 『最後のギフトです』 と手渡された封筒。

CIMG0150-1.jpg 

 開けてみると当日の写真と二人から結婚式参加のお礼のメッセージが書かれていました。
最後まで、気配りのできる店長らしいギフトを頂きました ~感謝!!~

 

阿部さん 店長! ご結婚おめでとうございます!

末長くお幸せに・・・(^O^)/